読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベターブログ

仲間 伸弥の個人日記

パワハラは気にしないのに限る!

やはり、外で働くのは楽ではないです。
中でも、人間関係が一番難しいと思います。
また、そこからパワハラが生まれるのだと思います。

※パワハラ事例

今思えば、「パワハラだったなー。」と思うことが多々あったので、
今日はお話させていただきます。


①無視
やはり、他の皆さんも職場を守る為、自分が平穏無事な職場で働くために一喜一憂して、
日々職場内で戦われているかと思います。
中途採用ですと、それを壊さなければいけません。
それも、簡単に壊れる場合があります。
皆さんが、日ごろ汗水垂らして人間関係と戦ってきたのに、すると、自然とムカツかれますよね?
無視なんて、朝飯前。一週間口を誰も聞いてくれない時がありました。
でも、人間不運な時ほど、その不運さを楽しく感じ始めます。
そして、誰かを無視して出来る仕事はありません。
段々周囲が折れ、普通に仕事が出来ていました。

②仲間はずれ
これも、しょっちゅうです。
主婦は主婦同士。未婚者は未婚者同士固まって入れず、困ったことがありました。
でも、「それって、死ぬ位に嫌なことか?」と考えると、どうでも良い事だと言う事が分かり、
喜んで外されます。
孤独だけど、やることはやります。
すると、周囲から話しかけられてきて、周囲が折れた形になっていました。

③休みの日にも連絡をしてくる。
業務終了後・休みの日にもずっとメールをしてきた上司がいました。
一週間拘束されている気分になり、精神的にも肉体的にも疲れてきました。
多分、友人が少なそうな人でした。
そして、翌々考えると業務連絡以外の愚痴メールが多くなっていました。
なので、「すみません。昨日早く寝ちゃって。」と言ってメールを返信しないようになりました。
それから間も無く、解雇されました。
正直、後悔はないです。

④「あなたなんて、私が雇わなければ誰も雇わないわよ。」と言われました。
今考えても、馬鹿な上司だと思います。
何様なのでしょうか?
でも、こういう馬鹿な発言をする人は、世の中沢山います。
身の丈を忘れたのでしょう。その後、この会社は潰れました。
私は普通に転職できました。