読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベターブログ

仲間 伸弥の個人日記

一般的なクレジットカードを作る流れ

一般的なクレジットカードを作る流れとしては、店頭での申し込みかインターネットでの申し込みという方法があります。

まず、店頭の申し込みについては専門の係員がマンツーマンで記入手続きを教えてくれて申し込みを行う方法です。

目安として2000年以前までは比較的用紙を用いて必要事項を記入していく方法を取っていました。しかし、今では、個人情報の管理という目的とより便利なタブレットなどのツールが発達したおかげで、、用紙の使用はなくなりタブレットを使用して名前や住所、勤務先に関することなどを入力するという方法に変わっています。

それとは別にインターネットを利用した申し込みでは、必要事項をパソコンなどのインターネットが利用出来るツールを用いて入力を行っていきます。

実際にクレジットカードを作る流れとしては、店頭申し込みもインターネット申し込みも共に名前・生年月日・住所・勤務地・年収・家族カードの有無・ ETCカードの有無・個人を特定する証明書(免許書もしくは保健書)を入力・利用限度額の設定・暗所番号の設定・同意書に関するサインを記入するなどを行います。後日、実際に引き落としをする口座情報を送付することも必要です。店頭の場合は、その場でキャッシュカードを持っている登録まで行ける場合もありますので、その際は店頭のスタッフに確認してください。

クレジットカードをつくる中で必要なもの

クレジットカードをつくる中で必要なものをご紹介いたします。

必要なものとしては、免許証か保健証かパスポートか住民票の写しなどといった本人確認ができる公的なものが必要となります。本人になりすまして申し込みを行うことを防ぐ目的もあります。また、本人が入力や記入を行わなければいけませんので、免許書を預かって代理で記入するということは、夫婦であっても認められておりませんので注意が必要です。

また、必要なものとしては意外ととっさに聞かれて答えられない勤務先の電話番号と住所です。

私は、いつも会社の名刺を持ち歩いているため、記入する際には本社の住所や郵便番号などを記載できますので、必ず必要というわけではないですが本社の情報がわかる名刺を持ち歩くことが便利かと思っています。

他に必要なものとして後日お支払いを引き落とすことになる口座振替依頼書の送付が必須です。利用出来る金融機関としては、銀行とゆうちょ銀行となります。そして用紙を提出する際は、記入欄にもありますハンコも必要です。

また、未成年の場合に限りますが、保護者の同意書というのも必要になりますので未成年がクレジットカードを持つ場合は同意書の提出がありますので認識ください。

クレジットカードの申し込み方法

クレジットカードの申し込み方法は現在は3つあります。

1つ目は、インターネットを利用した方法。

こちらは、自分の好きな時間に申し込みができるというメリットがあります。しかし、デメリットとしては、申し込みサーバーがひ弱ですとページが切り替わる際に情報量の多さから動作が遅く、イライラすることもありますし最悪の場合、サーバーが途切れることもあり再度1から記入する羽目になることもあります。

2つ目は、申込書を郵送で送る場合です。

こちらも自分の好きな時間に記入をしてポストに投函するだけという簡単な方法です。
デメリットとしは、カードを申し込む場合は特典がありますが郵送で申し込みする場合は手元にカードを届くだけで特に特典がないということも多いです。どうせ申し込みをするのであれば何か特典が欲しいところですね。

3つ目は、店頭申し込みです。

店頭申し込みですと、記入する場所で記入方法がわからなくなると教えてくるので記入漏れなどが起こるということを防げます。
また、キャンペーンをしていることが多いので、申し込みが完了するとタオルや商品券を受け取れるなど申し込みの際に特典を受けることができる可能性もありますので便利かと思います。

クレジットカードが届くまで

クレジットカードを作る際には、いろいろ審査を受けてから承認がおりると手元にカードが届いて利用できるようになります。
そのため、しっかりと返済する力があるのかという信用が重要なポイントとなります。

そのため、申し込みにの際に20歳未満であれば親の同意書が必要となります。
もしない場合は、残念ながら申し込みを断られることがありますので同意書の記入が必要です。

また仕事をしていない人やフリーターの人が申し込む場合は審査に落ちる可能性も高まるため職についていることがポイントとなります。

他にも年収を記入する項目がありますが、全て正直に記入することが必要です。記入したことは全て本人を信用できるかということを軸に判断いたします。

そのため、見栄を張って少し多めに年収を記入したところで、審査機関は企業の規模や年齢や役所からの相場で大方の給与がわかります。嘘をつくと見破られますし、そのまま信用にも審査にも響きますので、嘘を書いていいことはありません。そのため、素直に記入することが重要です。

また、すでにクレジットカードを複数枚所有しているといざという時にも信用にも影響を与えますので複数持っていることは審査機関にも把握されていると思って、整理するなどしておく必要があります。

初めてクレジットカードを作る方へ、クレカの作り方を紹介 - Yahoo!知恵袋