読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベターブログ

仲間 伸弥の個人日記

株のリスクは変動が非常に大きい事

節約

株のリスク回避方法

株のリスクは変動が非常に大きい事です。また世界同時株安や、世界同時株高と言う言葉も聞かれるように、周辺諸国や世界的な影響が他国に波及することもあり、非常にリスクが読みづらいものとなっています。

中国の景気減速を予測される調査結果などで株価が大きく下がる事も多い一方で、アメリカ企業の業績などで一気に株高になる事もあり、その結果を正確に読み取る事は難しいのです。安定性が低い上に金融価値が急落することが株の大きなリスクであり、短期間で大きな損失を被る可能性は常にあるのです。

これは、国内企業だけに限らず、申告国や先進国の株式にもそのまま当てはめられます。日本や中国、欧州の景気の再起息が不透明であることから、新興国を新たな市場として投資を加速させる動きもあります。

一方で、中国で長期に渡る株式の取引停止が行われたように、新興国や途上国ではグローバル市場では考えづらい政府からの干渉を受ける事もあり、こちらも大きなリスクとなっています。資産価値がゼロになる可能性があるだけでなく、あっても売却や購入が不可能になる事もあり得るのです。一年間で株価を数十倍にする企業がある陰で、大きなリスクも潜んでいると言えます。

株価をゼロにしないためのリスク回避

一般的に株の最も大きなリスクは株価がゼロになる事です。しかし、先物信用取引と言った取引では、将来の価格を見据えて取引を行うため、このマイナス関係が逆になる事もあります。そして、先物信用取引は自分の資産価値以上の損害を出す事もあり、一生支払いが出来ないだけの負債を抱えてしまう人も存在するのです。

株のリスクはそればかりにとどまらず、各種不正取引などの法的なものも含まれます。一般的に多いのが、税金の申告忘れです。株で利益を上げた場合は必ず申告が必要であり、その申告を忘れると脱税を疑われるだけでなく、追徴課税といった余分なお金を払わなければならなくなります。特定口座と言う形で手続きをしておけば、自動的に税金が引かれるようになりますが、手続きを行っていない場合は注意が必要です。

また、自分の勤める会社の株や、親族が務める会社の株などを所有しているときも注意が必要です。売却のタイミングや規模によっては、インサイダー取引などを疑われる可能性があります。特に、酒の席などで聞いた内部情報から軽い気持ちで売買をした場合でも、利益を出してしまうと疑われてしまう事もあります。

また、流言飛語を流したり、意図的に株価を調整しようしたりとする行為も不正行為として法的に罰せられる可能性があります。

元本割れが少なく、利益が上がる可能性が非常に高い国債などを買う

リスクプレミアムとは元本割れが少なく、利益が上がる可能性が非常に高い国債などを指す場合があります。基本的に利率は低い物の銀行預金よりは高い金利を確保できます。

一方で、一口に国債と言っても申告国や途上国では非常に利率も高い傾向にあります。これは、所謂債務不払いが発生する可能性とのリスクに比例しており、先進国の中では経済紙制裁を追っているロシアが高めとなっています。

一方で、ダイナミックな値動きなどには期待できず、短期間で利益を得る事が難しいのも特徴です。また、金利の変化が非常に速いペースで進んだ場合は、利息よりも税金の上昇率の方が高いなど、総じてマイナスになってしまうケースも有ります。

リスクプレミアムと言っても、完全にリスクをゼロにする事は出来ないのです。そのため、複数の国籍や不動産商品と抱き合わせた、リスクプレミアム商品なども販売されています。これはどこかの国がデフォルトに陥ったとしても残りの国の再建などで回収できる見込みが非常に高いからです。貨幣価値の変化などについてけるように日本の大手企業が発行している者席などを組み込むと言った選択肢も多く、金融商品を売る銀行や証券会社の腕の見せ所とも言えます。

株の投資先を分散させリスク回避をする

株式のリスク回避策は基本的に投資先を分散させることにあります。例えば日本だけに投資するよりも、成長が見込まれ、経済発展が著しいインドの企業や、今後成長が見込まれるメキシコやトルコなどの株に投資するのも一つの方法です。

この投資額もあまり大掛かりにするよりも、少額ずつ分散して、無くなっても良い範囲にするか、高額投資をするのであれば、期間を決めて損益を問わずに短期間で回収方法も決めておくのもポイントです。回収方法や引き上げのタイミングを決めておかないと、株価が上がった後に不正が発覚して値崩れしてしまう等、最悪のケースに至る可能性があります。売買を行って、利益が確定するまではすべてはただの数字上の問題なのです。株においてはこの欲望のコントロールが最も難しいと言えます。

購入時の3%下落したら売却するといった自己ルールや保有資産以上の額を投資しないといったことを忠実に守り、株式投資のリスクを最低限に抑えるようにしましょう。

株のリスクと対処法 - 株初心者に贈る株式投資入門

また、株式に関する発言には法的な制約がある事も多いため注意が必要です。軽口で書いた情報が公正取引委員会の調査にかかってしまい、実際に訴訟に発展するケースも有るのです。匿名掲示板や個人ブログであっても悪質なものは取り締まりの対象になるため、自分の発言が大丈夫かどうかの確認は常に厳しい視線で臨み、本当に必要な発言でなければ行わないのが重要なのです。

 

リスクは抑えて利益を勝ち取る 日経平均の読み方・使い方・儲け方

リスクは抑えて利益を勝ち取る 日経平均の読み方・使い方・儲け方