読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベターブログ

仲間 伸弥の個人日記

金持ち父さん貧乏父さん ロバート・キヨサキ

「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズで世界中に読者を持つ、ロバート・キヨサキ氏の本です。
この本は 2000年に出版されてから世界中で多くの人に読まれ、ビジネス書のベストセラー本として現在も読まれ続けています。
著者であるロバート・キヨサキ氏はファイナンスの専門家で、大学の講師なども勤めている人物です。

自らの経験をもとに、すべての人がお金に関する知識を持ち、しっかりとしたお金の使い方をできるようにその方法などを執筆しています。
「金持ち父さん貧乏父さん」は著者の出版している本の中で、原点と言える考え方が記されています。
著者が考える基本的なお金に対する姿勢が記されており、将来、どのような違いが出てくるのかということを対比させながら、もちろん大人向けのビジネス書ですが子供にも分かりやすく書かれています。
また、もう一人の共同著者にシャロン・レクター氏がいます。シャロン氏は、昔からよいとされている人生設計の理想的なパターン、勉強をして良い大学を出て、有名企業に就職
するというコースを歩んできた人です。どこか、その理想的なパターンに疑問をいだきながらも、3人の子供を育てる母親でもあります。
子育てを通じて思った疑問か、らこの本の執筆に至ったと著書に書かれています。その疑問とは、学校の教育では勉強は教えてくれるが、人生に役立つお金の知識などを教えてはくれないのだ、ということです。
「金持ち父さん貧乏父さん」では、お金に対する6つの考え方が記されてあります。その六つの方法を実際の生活の中で取り入れ、実践することによって、将来、5年後、10年後にお金持ちになれるという考え方です。その考え方とは、投資を行ったり、自分のビジネスをもつなど、従来の常識では理解が難しいような方法ですが、それをわかり易く失敗例である「貧乏父さん」と成功者の「金持ち父さん」を具体例にして取り上げながら、だれでも実践がしやすいように書かれています。

学校では一番大切なお金の知識は学べません

日本でも実際に子供は7歳から義務教育が始まり、小学校から高校、または大学などへ進学し長い期間に渡って教育を学びます。そして、難しい計算や問題などをたくさんと問いて勉強しますが、実際の生活で役に立つ一番大切なお金の知識というものは学べません。

さらに、その知識というものを知らないがために、大人になってからもお金を管理をすることが難しくなったり、時には不足してしまったりということが起こります。そういうことがひとたび起こってしまうと、間違えてしまえば家庭は崩壊しかねません。もちろん、そうでない家庭もたくさんありますが、幸せな家庭を継続するためにもお金の知識というのは何よりも大切です。本書にはお金に対する考え方や知識が記されてあります。わかりやすく六つの考え方として記されており、それを実際の生活で実践すると将来はお金持ちになっているという内容です。

すべての人がお金持ちになることを望んでいるとは限りませんが、生活をするための十分な収入を得ることは大切なことです。豊かな暮らしが継続できるように、この本に記されている六つの教えを頭の中にいつもおいておきながら、日々の生活を送るとお金がなくなって困ったということを防ぐことができます。それは、私たちは通常をお金を得るために労働力を提供しているという考え方ですが、本書では働くということは学ぶためであると説明されています。そして得た知識を使って、ビジネスを始めたり、お金を作り出します。

私も実際にこの本の考え方を参考にしています。基本は自分で仕事を取ってきてやるスタンスですが、たまに外へ出て働くこともあります。それは、なぜかと言うと知識を得るためです。そして、外で働いて得た知識を元に自営業の本業に生かすのです。私も実際にこの本の考え方を参考にしています。基本は自分で仕事を取ってきてやるスタンスですが、たまに外へ出て働くこともあります。それは、なぜかと言うと知識を得るためです。

満足に収入を得ることができないという人に読んで欲しい

「金持ち父さん貧乏父さん」はお金の知識が少ない人にお勧めです。収入を得る手段というのは何も就職をして働くだけではありません。本当に大切なのは、お金を作り出せたり必要な時に使うことが出来る、管理する能力です。

もしも貯蓄をすることが難しかったり、満足に収入を得ることができないという人にぜひ読んで欲しい本です。そして、実践書として取り入れて、ご自身の置かれている環境や時代背景を見極めながら、日々の生活で実践していくと効果が出るといえます。

将来どんな仕事に就くのかを迷った時や、買いたいものがあって本当に使うものかどうなのかを見極めるのが難しい時など、この本に書いてやるやり方で戦列をしていくと後wを無駄遣いを防ることができます。そうした結果何年後かに手元にお金が残っていることが考えられます。現代では、サブプライムローンなどが起こってしまったあとで、この本が出版されたころと時代背景も変わりつつあります。

他の方の感想もどうぞ

biz-shinri.com


book.kabu-syoshinsya.com