読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベターブログ

仲間 伸弥の個人日記

学生がクレジットカードを作るときの注意点と対象年齢

f:id:nakama_better:20160323181119j:plain

今は学生もクレジットカードを持つ時代になってきました。
インターネット上の通販や有料サイトの決済など、学生もクレジットカードがあると便利です。
ガソリンスタンドやお店の会員カードもクレジットカードになっていることもありますので、クレジットカードを作るつもりはなくても成り行き上、申し込んでしまうこともあります。

その際には、年会費などの有無には注意を払っておく方がよいでしょう。

探せば年会費無料のカードがありますので、店から会員カードとして勧められたなどの成り行きで作ってしまうと後で後悔することになるかもしれません。


また、学生向きのクレジットカードが作れるのは高校を卒業して大学か短大または専門学校に通う学生です。
年齢制限が高校を卒業した満18歳以上25歳以下です。
18歳以上でも高校を卒業していなければ作れません。


クレジット会社によっては学生だとしても25歳以上になると作れないケースがほとんどです。
これは企業によって条件は多少違いがありますので、それぞれのクレジット会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

学生向けのクレジットカードと通常のカード

クレジットカードそのものは、安定した収入があることが第一の条件です。
しかし一般に学生は学業が本業ですので、本来は安定して収入を望めないと考えられます。

そのために収入の有無とは別条件の学生向けクレジットカードをクレジット各社が用意しています。
ただし、クレジットカードそのものは、一般的に高校生を除く18歳以上から申し込めます。

大学生でも中には安定した収入がある人もいますから、その場合は通常のクレジットカードを申し込むのも選択肢の一つです。

学生だから学生向けのクレジットカードでなければならないということはありません。
クレジット会社では安定して収入がない学生に向けてのクレジットカードも発行しているというわけです。

ただ、あえて通常のクレジットカードを作るのもよいですが、学生向けにはいろいろな特典が付与されていることがあります。

クレジット会社の立場から考えると、いかに多くのクレジット会員を集めるかが重要な課題となっています。

そのために、早くから我が社の会員になってもらいたいという意図があるわけです。
そこで、学生向けには学生の間には年会費を無料にしたり、ポイントを多く設定したりと好条件をつけているカードが見うけられるわけです。

同じ大学生がクレジットカードを作るとしても、学生向けのカードか通常のカードかではその辺りの条件がかなり違います。

学生向けのクレジットカードも学生の期間を過ぎると通常のクレジットカードへと自動的に移行しますので、学生が作るなら学生向けのクレジットカードにしておくとよいでしょう。

学生向けのクレジットカード審査

一般にクレジットカードを発行する場合、年収や過去のクレジットに関する実績などの審査があります。

しかし、学生向けのものは一般のクレジットカードとは審査が異なります。
一流大学、有名大学、またはその逆、このようなことは審査の対象にはならないケースがほとんどで、どの大学、専門学校でも、申し込み基準の高校卒業以上で年齢制限内なら問題ありません。

ただし、英会話教室に通っているとか、趣味などのカルチャースクールなどは学生としては認められません。

認可校に通っている学生という条件がつきます。
また、収入はアルバイト等である場合は申し込みに記述しておくとよいでしょう。
それが審査の対象にはならないケースがほとんどです。

学生向けのクレジットカードは、利用限度額を低く抑えてありますので、アルバイト収入や親からのお小遣いなどでやりくりをしてもらうことが主旨です。
そのために通常のカードと違って年収などの審査はないと考えてよいでしょう。
また、クレジット会社の立場では扶養義務を持つ保護者からの補償も期待できると見込んでの審査です。

さらに「初めてクレジットカードを作るならぜひ我が社で!」との意図もあります。
申し込み条件に当てはまる学生なら、審査については厳しく考える必要はなく、過去にクレジットに関してのトラブルがなければまず大丈夫です。

ただし、すでに学生向けのクレジットカードを持っている人が何枚も作ろうと申し込んでいるのは、審査落ちする可能性はあります。

学生専用のクレジットカードでもまれに審査に落ちることがあります。

それは、携帯電話料金の支払いに滞納がある場合です。通常、毎月の携帯電話料金には、通話料などの他に携帯電話端末の代金が含まれています。

http://matome.naver.jp/odai/2145871564180332101

 

親権者の同意

申し込み年齢制限の満18歳以上25歳以下の範囲の中で、満20歳未満(つまり未成年)は親権者の同意が必要です。
これはどのクレジット会社でも同じで、未成年の間は親に内緒でクレジットカードは作れません。

よく聞く話としては、三井住友VISAカードは親には連絡が行かないと言われています。ただし、未成年の場合は、承諾確認のため連絡が行くことも想定されますので、クレジットカードを持ちたい旨をきちんと親に話すほうがいいのではと思います。

http://www.woshiru.com/creditcard/mokuteki/gakusei/

ただし、民法では20歳未満でも結婚ている、または結婚暦がある場合、成年とみなすと定めています。
クレジット会社で、この民法上の20歳未満の成年を認めるかどうかは、それぞれの会社の規定に委ねるところです。

成年ならば、親権者の同意は基本的に必要ありません。
また満20歳以上25歳まででも、クレジットカードに付帯するサービスの内容によっては親の同意を求められるケースはあります。

多くの場合は、学生向けクレジットカードが想定する利用限度額を超えそうなサービスが付帯しているなどです。

成年の場合はその条件を含まずに申し込めば、親権者の同意は必要ありません。
もし親権者の同意なしで学生向けクレジットカードを持ちたいなら満20歳になるのを待つしかないでしょう。